妊娠中の食事は栄養管理を上手に行なうのが成功のカギ

赤ちゃんの健やかな成長のために気をつけたい妊娠中の栄養管理
妊娠中の食事は工夫次第で解決できます
栄養満点のサプリメントを活用すれば、妊娠中も健康体

妊娠中の栄養管理の必須事項

妊婦

妊娠中の栄養管理はお母さんの必須事項と言われていますが、理由について深く考えたことはありますか。はじめて妊娠と出産を経験するお母さんに知ってほしい食事をとるときの注意点、栄養管理の基礎知識を見ていきます。 妊娠中は、お母さんの身体の健康維持とお腹の中の赤ちゃんの成長を考える必要があります。普段以上に栄養バランスのとれた食事を意識しないと体力を消耗し、妊娠トラブルの原因になるためです。身体の変化にあわせて、一般的な成人女性とは異なる基準で各種栄養素の必要量が決まっています。母体の維持に必要な栄養素と摂取量を理解したうえで食事をコントロールしていきましょう。お母さんの健康状態が優れないと赤ちゃんの成長に支障が出て、出産がスムーズに進みません。分娩時にはひどく体力を消耗するので、大きなイベントに備えて体力をつける目的もあります。栄養不足になると母乳の出も悪くなって、出産後に苦労します。妊娠中の栄養管理はお母さんになるための必要事項で、マストで考えたい問題と理解しましょう。

妊娠中の食事に関するQ&A

妊娠中の食事内容についてよく聞かれる質問と回答をまとめました。分からないことがあった時の参考として活用してください。


妊娠中は、赤ちゃんの分も合わせてたくさん食べた方がいいのですか?
妊娠すると「お母さんと赤ちゃんの身体を守るため、二人分食べよう」と考える女性がいますが、カロリーの摂り過ぎは危険です。無理にたくさん食べると悪阻の原因にもなるため、適量を意識しましょう。太り過ぎなどお母さんの身体についての問題もあるので、栄養バランスを意識した食事内容を考えます。三食バランスよく食べることが重要なので、量より質を考えた食事にすると良いでしょう。着色料や添加物のリスクを考慮して、自炊をはじめるのも一案です。
妊娠中で積極的に摂取した方がいい食べ物はありますか?
妊娠初期には葉酸やビタミンを摂ると良いとされていて、モロヘイヤやほうれん草など青物野菜を取り入れます。鉄分が豊富なお野菜なので、貧血予防にも効果的です。悪阻が気にならないようなら、玄米や胚芽米なども良いでしょう。ビタミンとカルシウムがたっぷり入っていて、白米より栄養バランスが整います。身体の変化から便秘がちにもなりやすいため、海藻類もおすすめの食材です。ひじきの煮物、もずくの酢の物など、健康的なレシピがたくさんあります。
赤ちゃんの発育に影響するから薬は飲んだらダメだとは聞きますが、サプリメントはどうですか?
サプリメントは栄養補助食品ですから、妊娠中も活用できます。医師や薬剤師さんに、どんなサプリメントを取り入れたらいいか聞いてみましょう。妊娠に気付く前から飲んでいたサプリメントも使用をお休みして、アドバイスを求めます。商品によってはいろいろな添加物が入っていて身体に負担がかかるリスクもあるため、慎重に判断しましょう。妊娠中の身体はデリケートでちょっとした刺激や慣れない成分に対して、敏感に反応してしまうリスクがあります。普段以上に口にするものに気をつかい、お母さんと赤ちゃんの健康を気遣いましょう。

食事とサプリメントのバランスで栄養管理もバッチリ

サプリメントを上手に活用すると食事だけでは摂りにくい栄養素を補給できて、健康管理に役立ちます。必要な栄養素が足りないと赤ちゃんがしっかり育ちにくく、出産予定に影響するリスクがあります。栄養管理や食事内容について医師から指導が入ったら、教えてもらった通りに実践しましょう。足りない栄養素を補うサプリメントについても商品を指定してもらって、食生活をサポートすると安心です。妊娠が分かってもしばらくは仕事を続けるお母さんは多く、食事の準備に時間をかけられない事情があります。忙しいお母さんのサポート商品としてサプリメントを取り入れて、不安定になりやすい妊娠中の身体をケアしましょう。

妊娠中に起こる食事の好みの変化は味覚障害だった

妊娠前まで大好きだったものが食べられなくなったり特定のものが食べたくなったり、妊娠中には食の好みが変わってしまうことがあります。どうして好みが変わってしまうのか、嗜好の変化の原因と対処法について、深堀して見ていきます。

妊娠中に味覚障害が起こる理由

つわりの影響
妊娠中はホルモンがたくさん分泌されて自律神経が乱れやすく、ストレスを感じやすい傾向があります。ストレスの矛先が食欲にむかうと、常に何か食べていないと落ち着かない「食べつわり」が起こります。食欲をコントロールできなくなって不安を感じる気持ちは分かりますが、妊娠に伴う身体の変化と考えましょう。食べ過ぎから体調管理しにくくなることもあるため、回数や量を考えていく必要があります。
自律神経の変化
自律神経の乱れは味覚の変化にもつながり、特定のものが食べたくなったり食にこだわりが強くなったりします。油っぽいものが欲しくなる女性も入れば、酸っぱいものが欲しくなる女性もいます。口の中に何も入っていないのに苦みを感じたり塩気を感じたりするのも自律神経の影響です。歯磨きや舌磨きをしてお口の中を清潔に維持して、栄養バランスを考えた食事をとると改善できる見込みがあります
亜鉛不足
妊娠中は亜鉛を消費しやすくなって、味覚を感じにくくなる女性もいます。普段と同じ味付けなのに味が薄く感じたら、亜鉛不足を疑いましょう。煮干しやきな粉など亜鉛を含む食べ物をおやつや食事に取り入れると、改善されることがあります。味覚を感じにくいからと、塩気を増やしてしまうと、体内のナトリウムバランスが乱れます。高血圧などお母さんの身体に負担がかかるリスクがあるため、適量にコントロールしていきます。

妊娠中は食事の質や栄養バランスを考える絶好のチャンス

妊娠中の身体の変化をきっかけとしてバランスのとれた食生活を考えると、出産を終えて子育てする時にも役立ちます。塩分控えめの食事にしたりお野菜中心のおかずを取り入れたりすると、健康的な食事になるためです。特定の栄養素に偏った食事や外食中心の食生活は、子どもの肥満や健康リスクにつながります。妊娠中からカロリーや栄養バランスをコントロールした食事に切り替え、家族みんなの健康的な身体つくりに貢献しましょう。

TOPボタン